D’STATION フレッシュエンジェルズオフィシャルサイト

REPORT
D'STATION フレッシュエンジェルズの活動レポート!

SUPER GT@第8戦 富士レポート

by 林 紗久羅

2020/12/16



皆さんこんにちは!

2020D'stationフレッシュエンジェルズのリーダー、さくちゃんこと林 紗久羅です!

 

少し遅くなってしまいましたが、先日、SuperGT Rd.8富士最終戦が開催されましたので、レポートを書かせて頂きました!

 

私個人のブログと内容は重なってしまうのですが是非読んでください!!

 

今年はコロナウイルスの影響やPACIFICとのコラボ参戦ということもあり、RQの人数規制などがあるとどうしても相方のこちゃまるとGTに行くことが出来ず、なんとも寂しいシーズンが続いていました。

 

そんな状況が続く中で遂に、!!

今回の最終戦だけはこちゃまるとサーキットへ舞い降りることが出来ました!!

最終戦で私は2戦目、こちゃは1戦目と最終戦の実感はなくて、初めて2人でサーキットへ来たウキウキとワクワクでいっぱいでした!

 

着いて早々、私の新しい横断幕を発見!!

いつもありがとうございます!!

 

GTは特に厳しく、ファンのみんなとの交流の時間は無いに等しい状況でしたが、それでも私の横断幕を貼る為にサーキットへ来てくれたことに感謝の気持ちでいっぱいです!

最終戦もさくラブ満点!です!

 

予選日1番最初のお仕事はスポンサーステージでした!

GTでしか会えない方達やお久しぶりな方達と近くから会えてとっても嬉しかったです( ; ; )

 

遠くから一生懸命お写真を撮ってくれた皆さん!ありがとう!

今回はPACIFICの子達と一緒のステージで辻門アネラちゃんと私の2人で90秒間を分担してセリフを言いました!

いつもより話す部分が多かったのでドキドキでしたが流暢に話すことができて一安心(*´꒳`*)

 

短い時間でしたがみんなに会えてすごく嬉しかったし、幸せだったし、毎年当たり前にやっていたステージがとても貴重な時間に感じました…( ; ; )

予選日は辻ちゃん1人で頑張ってくれました!

ナイスファイトです!

そしてスポンサーステージの後はこれまた久しぶりなギャルパラの取材&撮影へ♫

いつも綺麗に撮影してくれるギャルパラのカメラマンさんたちに感謝ですね♡

9号車 PACIFIC NAC D'station Vantage GT3(アストン君)は練習走行からあまり順位が上がらず、その後ノックアウト予選Q1へ。

 

今回アストン君はAグループから出走し、藤井誠暢選手がQ1のアタッカーを担当。

3周を使ってじっくりとタイヤを温め、1分36秒977というタイムをマークしましたが、ライバル勢がタイムレコードを連発し11番手という結果に。

惜しくもQ1突破に届かずQ2へ進出できませんでした…( ; ; )

 

その後Bグループのノックアウト予選を終え、翌日の決勝レースは22番グリッドからのスタートとなりました。

そして決勝日!!

 

予選日と打って変わって気温が急降下しフレエン自慢のもふもふコートが大活躍でした♡

ファーが温かいし、見た目がパンダさんみたいでお気に入りです♡笑

 

そんなかわいいコートを脱いで挑んだピットビューウォークですが…

風が強くてとっても大変でした、!!

悶絶するほど寒かったですが、みんなが会いに来てくれて手を振ってくれてお写真を撮ってくれて、心はぽかぽか温かったな…(*´꒳`*)

後半、手が冷えすぎて感覚が無かったけど、私も一生懸命手をふり返したりDフレッシュをいっぱい放ちました♡

 

みんなの心をしっかり貫いたかな?♡笑

そのあとは選手紹介へ!!

スタート進行の頃には雲行きが怪しく雨が降り出しそうなお天気に…(´・ω・`)

途中スタンド席をふと見上げたらファンの方達を発見!!

すかさずDフレッシュしました⭐︎

 

私の事を見つけてくれて嬉しかったです!

お写真を撮ってくれてありがとう!

22番手から藤井選手でスタートしたアストン君ですが、私たちがスポンサーステージへ行っている間にグングンと追い上げ、なんと8周目で13番手へ浮上!

 

15周目には9番手と13台ものライバル勢を追い抜かし快走な走りを見せました!

 

そのまま藤井選手は安定したペースで走り33周目にピットイン。

タイヤ無交換で篠原選手へ交代しました!

 

篠原選手も好調な追い上げを見せ39周目では5番手までポジションアップ!( ; ; )

タイヤのピックアップがありつつもそのまま順位をキープし、無事チェッカーを受けることが出来ました!!

300kmのレースがほんの一瞬に感じるくらいドキドキしたレース展開で、最終的には17台ものライバル勢を抜き5番手フィニッシュという素晴らしいレースで幕を閉じました!!

 

なかなか良い流れを掴むことが出来なかったシーズンでしたので、最後にこのような粘り強い走りを見せてくれたPACIFIC D'stationRacingには拍手喝采です(*´꒳`*)

振り返ってみれば全8戦ある GTレースで、私がサーキットへ足を運べたのは2戦だけで相方のこちゃまるは1戦だけでした。

 

ですが1戦も参戦できなかったレースクイーンの子達もいる中で私達は恵まれた状況ではありました。

コロナウイルスの影響はとてつもなく大きく、サーキットでの観戦、応援、ファンの方達との交流の時間、とにかく色々なものを奪われてしまいました。

 

ですが、そんな状況でもこうして最後素晴らしいレースを見せてくれたチーム、会いに来てくれたたくさんの人達に深く深く感謝です。。♡(*´∇`*)

 

毎年最終戦ではグランドフィナーレの後にファンの人達とお疲れ様!と、お花を頂いたり記念撮影をする時間を頂くのですが、今年は会うことすら難しかったので…

 

お家に着いてからも『今シーズンのGTって本当に終わっちゃったの?』みたいな不思議でなんとも言えない寂しい気持ちです(´;ω;`)

 

いかに毎年みんなの愛情や計らいで今シーズンの卒業を実感出来ていたのかと気付かさせられる一場面もありました。。

来年こそはワクチンや特効薬が出来てコロナウイルスが落ち着いて、レースを心から楽しみ、みんなといつも通りの交流が出来ることを願います!!

今シーズン、9号車PACIFIC D'stationRacingの応援をしてくれた皆様、本当に本当にありがとうございました!!

今シーズンはPACIFICとのコラボ参戦となりフレエンからはこちゃまると私だけとなりましたが、D'stationは私達が輝ける場所を少しでも増やせるようにと、考えてくれていたのがすごく幸せで有り難かったです(*´꒳`*)

 

GTではファンのみんなに直接会うことは出来ませんでしたが、それでも遠くから応援してくれる事に強い『絆』を感じることが出来ました♡

 

物足りないシーズンではありましたが深く感謝しています!!

ありがとうございました!!

それでは、!!

さくちゃんレポートはここまでです!

最後まで読んでくれてありがとうございました!!


2020D'stationフレッシュエンジェルズリーダー

林 紗久羅

 

 

 

PARTNER

 

NEXUS GROUP

 

Copyright FRESH ANGELS. All Right Reserved.